2010年03月26日

■Travel 2009京都 2日目 11/27~29

宿は大徳寺近くのゲストハウス。
一年で一番混雑する時期とあって、ぜんぜん空室がなく
ネットサーフィンでやっと見つけた宿。
京都駅からは遠いけれど、行きたい場所へのアクセスは
良かったので満足でした。

共同キッチンで入れたコーヒーとパンで軽く
朝ごはんを食べてから歩いて5分の大徳寺へ。


kyoto-08.JPG


みていると背筋がぴーんとなっちゃう、竹林。

とっても楽しみにしていた、今宮神社のあぶり餅。


kyoto-10.JPG kyoto-09.JPG

炭火で焼きたての餅を味噌風味の甘めのたれでいただきます。
ふた皿いけちゃうおいしさ。

腹ごしらえしたことだし、どんどん見て歩きましょう!


今回、一番楽しみにしていた”源光庵”へ。

kyoto-11.JPG

「迷いの窓」


kyoto-12.JPG

「悟りの窓」


円で大宇宙、悟りとし、禅と円通の心を、
四角で人間の生涯、迷いとし、生老病死・四苦八苦を表す。

とても奥深い・・・
まるで一枚の絵画さながらの風景を前に、正座をして
しばらく静かに眺めていました。


源光庵でゆっくりしていたらもうお昼です。

kyoto-13.JPG

湯葉づくし。
特に好きではないけれど京都だし。

くみ上げ湯葉、揚げ湯葉などなど一生分くらい食べました。ウプ。


若かれし頃、工事中だったこちらは

kyoto-15.JPG

ちょうど西日が当たってキラキラ輝いておりました。
とにかくすごいよ。模型みた〜い。って怒られる?

金閣寺でエネルギーをいただき、今度は心を静め、自分と
向きあいましょう。
なんだかスピリチュアルな旅になってきました。


”龍安寺の方丈庭園”

kyoto-16.JPG

どこからみても15個の石すべては絶対に見えないこと
から、人間の心の不完全さを示しているそうです。

白砂の模様、石の配置、まるで芸術作品を見ているよう。

むかしから洒落た感覚を持っていた日本人なのに
どうして現在のような統一性のない街並みや工業デザインを
生み出し続けているのかとてもフシギだ。
この手のはなしをはじめると不満があふれ出てくるので
ここらへんにしておきましょう。
もー。スピリチュアルな旅が台無し。


さて。

早めに宿に戻って、近くで夕食を食べましょう。

kyoto-18.JPG

”さらさ西陣”

もとは銭湯だった建物をリノベーションしたカフェ。

kyoto-17.JPG

マジョリカタイルが素敵。料理もおいしかったぁ。

お次の楽しみは銭湯へ!

kyoto-19.JPG入口kyoto-20.JPG脱衣所

雅でしょう。大正12年からやっている銭湯です。
浴室は現代的に改装していますが、脱衣所はいい味だしてます。
ここのマジョリカタイルも素敵な色。すべて手書きですって。
ひとつとして同じ絵柄はありません。

地元のひとがほとんどで、あたかもわたくしたちも
京都人と錯覚してしまいます。北海道なまりですけれども。


歩いて10分の宿に戻り、二度目の乾杯!
今日も一日遊んだ遊んだ。
posted by Poo at 23:00 | ■Travel
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。