2013年11月26日

■Travel 2013 PARIS 2日目 6/16-2

午後からは地下鉄→バスで
クリニャンクールの蚤の市へ。

P1000513.jpg


トンネルをくり抜いたような入り口と
赤いベンチが並んでいて、憎いくらいかわいい。

最寄り駅まで地下鉄で行くと、蚤の市までの
道のりが治安悪しと情報があったので、面倒でもバスに
乗り換えすることに。

午後になるとバッテリーが切れてきました・・・

おなかぺこぺこー。
目についたカフェに入ることに。

観光客なんていない地元カフェでした。


すべてフランス語のメニュー。

なんとかわかった”omelette”

P1000517.jpg


wifiマークがついていたので、「使えますか?」と聞いたら
無愛想にパスワードを書いた紙を渡されて、試してみると
うまく繋がらない・・・

そしたらさっきのウエイターがやってきて
wifi設定から操作してくれて使えるようにしてくれました。

そして最後はにっこり。

ちょっとー。笑ったらかっこいいじゃないの!


公衆トイレがあまりないフランスでは食事のときに
トイレにいくべしとBJから聞いていたので
ココで用を足すことに。

そしたら。。。予想はしていたものの
驚いた。便座のないトイレ。
そして手を洗う水もなし!
なんとか空気イスで乗り切った。ふーっ。

さて。クリニャン行きのバスを見つけなくちゃ。
バス停はあるものの、30分待っても乗るべき番号のバスが
来ない。もう時間は15:30をすぎてる。

いいや。これに乗っちゃおー。
すごく混んでいたし、また通じなかったら
どうしようって思ったけれど
勇気を出して運転手に聞いたら、行くって!


P1000521.jpg


これが当たりでした。
日本ではすんなりいくことも難しいことがあるって
個人旅行の楽しみでもあるんだな。


P1000519.jpg


こちらはヴァンブに比べて、本格的なアンティークというか
手の届かない貴重なモノが多くて、ほとんど眺めるだけでした。

古い鍵と1920年代のポストカードを数枚購入。

エリアに寄っては明らかに治安が悪そうな場所もあり
バスで乗り換えして正解だったなと感じました。

ココから違う空気というのが分かります。

観光客もたくさんいるので、そういう人たちの
いるところは女子ひとりでもOKです。
posted by Poo at 23:00 | ■Travel
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。